知ってるだけで節約│新居への引越しを格安で行なう方法

ウーマン

安心できる業者を選ぼう

引越し業者のサービスの特色も変化しており、荷物を運ぶだけなく、荷物の一時預かりや、不用品の処理など独自のサービスを提供しています。引越し業者選びに悩んだ時に、選ばれているのが、ランキングサイトなどの比較サイトです。総合評価や口コミなどが掲載されているので、簡単に比較し参考にできます。

お手頃価格で新居に移動

ダンボール

安く利用する

様々な事情で新居が決まったときには、現在の住居から荷物を運ぶ引越しが必要となってきます。新居に移動後は何かと必要な物ばかりで、出費がかさむことも多く、少しでも節約したいと誰もが願うことでしょう。そこで、引越しもある程度格安でできる方法が存在しており、知っている人たちの間では大変な人気の方法となっています。しかも、何度も引越しをする方にとって、とても重宝する方法です。その方法はいくつかありますが、その一つにできるだけ時期をずらすことで、かなりの格安料金になります。例えば、引越しシーズンである3月から4月にかけて、8月の夏休みシーズン、年末などです。このような時期は価格帯も上昇しており、一番安い閑散期に比べて倍以上の違いが生じてきます。時期をずらすというのは難しい問題ですが、もしできるなら1ヶ月でも半月でもいいので、少しでもずらしてみると良いでしょう。次に、引越しの曜日にも格安でできる方法があり、ほとんどの方は土日か祝日に依頼するものです。そのため、業者も平日を安く設定しており、しかも仏滅なら更に格安で提供しています。このような方法を利用して、格安に引越しをしてみてはいかがでしょうか。

価格の違いと安くする方法

引越しするときは業者に依頼するのが一般的ですが、業者によって価格帯に大きく違いがあるのもこの業界の特徴です。例えば数社から見積もりを依頼すると、一番安い業者が見つかります。しかし、その一番安い業者に依頼する前に他の業者に相談してみると、更に安くしてくれる可能性もあるのです。それだけ、引越し業者間では大手や中小の会社あわせて、競合しているのが伺えます。このような特徴があるため、値引き交渉は納得できるまで丁寧に行っていくことで格安に抑えることが可能となります。今現在では、ネットという素晴らしい情報網があり、引越しの業者一括見積もりも可能なのです。ネットによる見積もりと訪問見積もりをうまく利用して、値引き交渉を行ってみると良いでしょう。そして、引越し料金にはトラックの大きさや台数、距離による運賃があり、作業員の数による人件費があります。梱包する段ボール箱やテープ、緩衝包装材などの費用があり、更に保険料や付帯サービスで料金が決まるのです。格安で抑えるなら、自分で段ボール箱を用意し詰めておく、自分達も荷物を運ぶため作業員を減らしてもらう方法をとることで、かなり安く抑えられるときもあります。

女性

手土産の選び方

引越後にはなるべく早く近所に挨拶に行くのが良いでしょう。挨拶の際にはあまり高価にならないものを手土産として持っていきますが、お菓子や誰でも使う日用品などがお勧めです。留守がちで会えない方にはギフトカードなどと一緒に一筆添えてポストに入れておくと良いでしょう。

家の模型とトラック

簡単に比較できるサイト

引越し料金の見積もりを一括で依頼することができる比較サイトや一括見積もりサイトは、経験者にも初心者にも人気があります。比較サイトや一括見積もりサイトの特徴は、条件を1回入力するだけで複数の引越し業者に引越し料金の見積もりを依頼できる点です。

このエントリーをはてなブックマークに追加